宅配食サービスとはどのようなサービスなのか解説します。

宅配食サービスは、カロリーの計算などがきちんとした数字で示されていて、栄養バランスの取れた調理済みの惣菜やご飯などが、弁当形式で毎日提供されるものをいいます。
また、調理済みの惣菜を冷凍し、何日分かまとめて注文を受けて配達するものもあります。
その点、メニューが決まっている調理前の食材を、必要な分量だけ毎日配達するものとは一線を画しています。
宅配食サービスには、現在いろいろな会社や企業、また福祉のNPO法人などが参入していますが、いずれもお年寄り向け、病気による食事制限者向け、一般向けなどの違いを持っています。
インターネット上にホームページを作っている会社などは多く、そこでは必ず自社の宣伝や商品についての解説も載せて、宣伝と注文の受注を兼ねています。
宅配食サービスを使う人は最近実に多くなってきましたが、自分ではなかなか出来ないカロリーや塩分の計算や含有がきちんとしているため、特に健康志向の人達にも人気が広まってきました。
毎日宅配とはいっても、作る時間帯と配る時間帯を考えると、朝食の提供は時間的に難しいので、宅配の提供は昼食と夕食に限られています。
また、休日は配食がないところが多いので、その時に買い置きしている冷凍食を使う人もいます。

冷凍弁当・惣菜の宅配食事サービス